ダイシン物流で”働く”

interview

仕事の心構えからリフレッシュ方法までいろいろ聞いてみました!!

 足利営業所
 課長 R・S
 「支えているのは」
 続きはこちら

 門真出張所
 K・N
 「ピンチは??」
 続きはこちら

 一宮営業所
 Y・M
 「新人の意見でも」
 続きはこちら

 野田営業所
 E・K
 「四季折々の風景」
 続きはこちら

 本社
 S・O
 「休めない休日?」
 続きはこちら

 寝屋川営業所
 Y・M
 「仲間との交流」
 続きはこちら

 四日市出張所 
 係長 T・S
 「休日の過ごし方」
 続きはこちら

 大進自動車工業 
 工場長 D・K
 「待ってる三姉妹」
 続きはこちら

 京田辺営業所
 部長 Y・S
 「疲労回復&維持」
 続きはこちら

 門真出張所
 H・M
 「運動する楽しさ」
 続きはこちら


物流 ~ 私たちの生活を支えている ~

足利営業所 課長 R・S

ダイシン物流の主な業務内容のご紹介

当社の主な業務内容としては大きく4つに分かれ、「 倉庫業務輸配送業務流通加工業務包装梱包業務」があります。その他にも施工業務システム開発業務なども手掛けております。今回は輸配送業務について、一部ご紹介させて頂きます。
先ず、輸送とは物品を比較的長距離に運搬することであり、配送とは販売品を買い手先あるいは買い手の指定する場所に届けることを言います。昨今、輸配送の効率を高めるために配送センターを設置する企業が多くなってきており、当社もその内の1社です。

「配車」のしごと

輸配送業務を行う上で欠かせないポジションがあり、それは「配車係」です。役割は、「必要に応じて、車を割り当てて差し向けること」。それでは配車係の業務内容について簡単ではありますが説明をしていきます。   

1)基本、積み日前日に荷主よりオーダーを受信、そのオーダーを基に車輌へ荷物を割り振りしていきます。車輌にも様々な仕様があり、小型の2トン車から大型の10トン車、更に細かな仕様として平ボディ車、ユニック車、ウイング車、パワーゲート車があります。届け先の指定条件、制約に合わせ車輌を選択、荷物の割り振りを行っていきます。   
2)続いて配送業者の選択を行います。荷物の割り付いた車輌に対し自社、協力会社(傭車)、路線便、どこの配送業者にお願いするのがベストなのかを考えます。これについても各々条件、制約があるので届け先(方面)、荷物(量、形状)を確認し条件に合った配送業者を選択しお願いをします。

 

3)その次に行うのがドライバーさんへ配送を行う上での注意事項の説明です。積み日当日入場した際、荷物の積み付け方法、届け先のルール(指定時間、配送順、配送経路など)の要点を的確に伝えます。よりスムーズにトラブル無く配送を行って頂くようドライバーさんへ説明を行います。   
4)そして配送当日、無事目的地へ荷降ろしが完了、各ドライバーさんから配送完了の連絡が次々と入ってきます。「自分が計画した内容で荷物が動き、目的地へ無事荷物が届く」この時に得られる達成感は最高であり、と同時に配車係としての役割が果たされた瞬間でもあります。その過程には荷主、協力会社、その他多くの関係者の方々の協力があり、その協力が一つに合わさることによってこの業務が成り立つのです。

 
私はダイシン物流に入社して配車係の重要性、業務を行う上での面白さを知りました。物流というものが如何に社会的経済基盤であり欠かせないものなのか。当たり前のように欲しい物が買え、得ることができる、それは物流が機能しているからこそ可能となっている、そう実感することもできました。
 
物流とは私たちの生活を支えている経済基盤であり、なくてはならないものです。私たちが豊かに暮らしていくためにもしっかりとこの物流インフラを支え、社会に貢献していくことが我々物流企業としての使命であると考えます。これからの未来(物流)を一緒に担うことのできる仲間を心よりお待ちしております。


ピンチをチャンスに変えて乗り越える事の大切さ!

門真出張所 K・N

 「支え」と「やりがい」

私はダイシン物流に入社して17年目を迎え今まで色々な経験をさせてもらいました。
私の所属する所課はお客様の工場の中で製造から出荷・配送までをさせていただいておりますので、直接お客様と接しながら仕事を行っています。
中でもお客様からの『ありがとう』はこれまでの険しい道のりを乗り越えて来た中で私の支えとなっています。

私達の事業所では生産台数が電光掲示板にて表示をされていますので自分たちがどのくらい売上に貢献出来ているのか分かり易い環境になっています。私自身だけではなくメンバー全員が目標を持ち、やり遂げる一体感や達成感が私自身に『やりがい』を持たせてくれています。

「ライン作り」で奮闘

ある日、仕事をしているとお客様から「今度、北関東の工場に応援に行くけど一緒に来て欲しい」と言われ、北関東に2週間一緒に行くことに…
話によると新商品の立ち上げで手伝って欲しいとの事。私達の事業所では未だ立ち上げていない新商品でしたので、たくさんのファイルに綴じられた図面を渡され「これ見て勉強しといて」と言われて…とにかく必死でした。私自身が試されているようで、挑戦したい気持ちで現地に入ったことが強く印象に残っています。

 

『まずラインを作ろうか』というお話になり、ここでも試されているようで挑戦的に作り始めました。
レイアウトの配置、置場表示、類似品番は置場を少し変えて色で分けたりと、今まで経験してきたノウハウを活かし、作り上げる事が出来ました。

ですが、現地の作業者が実際に作業を行うと、様々な問題点や改善策が出てきました。しかしその度に改善を行いさらに改善を行う事で自然と一体感が生まれ、最終的にはスムーズに生産を行う事が出来ました。お客様、それから現地の作業者の方から感謝の言葉『ありがとう』と言われた時は涙が出るくらい嬉しかったです。

これから社会に出て様々な想像も出来ない事が皆さんを待ってると思いますが、私と一緒に失敗を恐れる事なく諦めず挑戦してもらいたいと思ってますので一緒に仕事をしましょう!待っています!


新人の意見でも受け入れてもらえる職場

一宮営業所 Y・M

「やってみようか」

私は一般事務としてダイシン物流に入社して3年目になりました。 
それぞれの事務員が各お客さまの商品の入庫から出荷まで担当しているため、最初は覚える事も多く何度も先輩に質問をしたり、ミスをしてしまったりと迷惑をかけておりました。ですが営業所全体でフォローしていただけて何とか一人前と呼べるぐらいにまで成長することができました。
少しずつですが自分の仕事以外にも他の事にも目を向けられるようになり日々の業務の中で、どうしたら現場の方が仕事をしやすくなるのかを考えるようにもなりました。提案した内容を現場の方に伝え、その提案を「いい案だね。やってみようか。」と話をしていただけた時は凄く嬉しかったです。

 

  
お客さまから感謝されることもやりがいのひとつですが、同じ社員の方からお礼を言われることもやりがいのひとつだと思います。これからも日々精進し、少しでも会社と一緒に成長していけるように、がんばっていきたいです。


四季折々の風景

野田営業所 E・K

その一言のために

運転手をして、20年も過ぎてきて、いろいろな事や出会いも、ありました。
やっぱり運転手をしていて良かったことは、四季の移り変わりがこの目で見られることです。その中でも、一番好きなのが桜の季節。今年も頑張ろうと言う気持ちになります。
他には他人との触れ合いが出来ること。
「運転手さんに運んでもらってよかったわ」なんて、言われたら最高です。
その一言を言って貰う為には、信頼・信用してもらわなくてはいけないので、毎日の運転技術を更に磨きかけていきたいと思います。

 

休めない休日?

本社
S・O

私は、物心ついた頃から野球観戦が好きで、シーズン中は毎月野球場へ行っています。
野球場へ行くと必ず知っている人がいたり、テレビでも抜かれて映っているのをよく見かけます(笑) 
初めて甲子園に行ったのは小学生だったので、今よりもとても大きく広く感じて、「わぁー!」と出てしまったのが今でも鮮明に覚えています。大きな震災があった後に甲子園に行ったとき、ここにいる数万人の人たちが「応援」「野球」という形で一つになり、必死になっている姿を見て、この力があれば何でも乗り越えていけるのではないかと涙した日もあります。こうして、沢山の感動や希望を与えてくれる場所でもあります。 
休日、リフレッシュというと、ゆっくり寝て過ごすといったイメージがよくあると思いますが、声を出したり体を動かしたりすることも、ストレス発散に繋がります。
勝って喜んだり負けて悔しがったり、私の休日は、休めない休日なのかもしれません。(笑) 


仲間との交流

寝屋川営業所
Y・M

リフレッシュ、といっても人それぞれ感じ方は違うと思います。
数ある中で私が休日によく行うのが、親しい友人達と会食であったり、サイクリングであったり、バーベキューをしたりする事です。
その友人も学生時代からの付き合いの人もいれば、子供のママ・パパ友だったりと、多種多様です。
様々な人達と触れ合うことで、自分に無い感性や行動等、これからの自分の為になる発見がたくさんあります。
年齢は様々ではありますが、おおよそ私達くらいの年代の人間が直面する問題はそんなに違いも無い様で、お互いに相談したり励ましあったり、時には厳しい言葉で諌められたりもします。
解決はしなくても、話す事でスッキリすることもしばしばです。
そんな仲間との交流が私のリフレッシュ方法の一つです。 


リフレッシュと休日の過ごし方

四日市出張所
係長 T・S

休日は家族と買い物や、家でゆっくりするなど、なんてことのない休日を過ごしています。
ですが、連休ともなれば他県の温泉へ小旅行を楽しんだりします。
 
リフレッシュするには、やはり趣味の海釣りです。
上司と磯釣りや、家族と堤防釣りにと出掛けます。
釣れれば最高ですが、たとえ釣れなくても、潮風にあたって景色を眺めているだけで心の休息になっています。
現在4才の娘を将来「釣りガール」にすべく教育中!
将来が楽しみです。 


家に帰ると待っている3姉妹

大進自動車工業(株)
工場長 D・K

今年で入社20年を迎えました。
入社した時は誰もが先輩方に仕事を教えてもらったことだと思います。
その先輩方が定年を迎え、今では後輩もでき自分が教える立場になりました。またお客様との車検・修理の打ち合わせ、現場の仕事、事務仕事(見積・請求書)等、まだ半人前のところもありますが頑張って自分にできること、お客様から喜ばれることを常に意識して、早く一人前になり、今後の後輩たちに引き継いでいきたいです。 

昔は仕事を終えて家に帰ると、娘3姉妹が「パパーお帰り~」という言葉があったのですが、今では大きくなり(小学生1人と高校生2人)自分の部屋にいたり、アルバイトに行ったりと、少しずつ会話が少なくなってきました。そんな中、去年バイト帰りに娘が子猫を3匹拾って帰ってきました。数年前まで猫2匹、犬1匹(ゴールデンレトリバー)を飼っていましたが、高齢のために亡くなってしまい、別れが辛く、もう動物は飼わないと決めていましたが、3匹の子猫を見ると可愛くて、気が付くと、触ってお風呂にも入れていました。まだ小さく性別もわからないままミルクを与え、動物病院にも連れていきワクチン接種など健康状態も調べてもらいました。3~4か月が経ち、再び動物病院に連れていくと、先生から「3匹とも女の子だね」と言われ、ビックリしました。以前飼っていたゴールデンレトリバーも猫2匹もたまたま男の子だったので、初めての女の子で、3人娘+3匹娘の父親になりました。
今年で3匹の子猫も1歳になり、家の中の柱も猫のツメとぎにされて家じゅうがボロボロになりましたが、家に帰ると玄関に必ず「ニャーニャー」と鳴き、お迎えに来てくれ、足元をスリスリ、3人の娘より3匹の娘に癒されています。 


疲労回復と体力維持

京田辺営業所
部長 Y・S

還暦を迎え疲労が蓄積してまいりましたこと切に感じる此の頃です。
60歳までは健康管理が主になっていましたが、特に自分の健康は自分で守ると言う管理宣言でした。60歳を超えると疲労回復が長引くことが多くなり、1日で疲労の回復はなかなか厳しいこともあります。
一週間ごとに疲労が回復出来ないかを妻と話しをしたところ、妻が温泉が好きなことから温泉巡りをしてみようかという話になり、近畿地区で2年間温泉巡りをしてみました。また現在は近くの温泉に週1回行くことを継続しています。温泉でお湯に浸かることで効果的だということが書いてありますが、私は温いお湯に長時間入ることにしており、それからマッサージを60分受けてから上がるようにしています。
温泉はいいなあ、毎日でも入りたいなあという気分で最高の疲労回復が出来、帰宅しています。
また、体力の衰えも感じています。
京田辺の倉庫は3階建てになっていますので、2階で息切れして一旦止まって息を整えて上がり、3階でも息切れ状態になっています。
体力も63歳を超えてから足、腰が痛いのが切に感じています。太っているせいもありますが、以前から妻とよく散歩には行っていました。しかしなかなか体重が減らないのと上半身が弱くなっていることもあり、1年前からジムに通うことを継続しています。初心者のため走るマシーンは歩くことから始めました。筋肉マシーンは15kから始め、10回を3回繰り返し、他のマシーン12機で鍛えることから始めました。現在は、走るマシーンで60分走っています。筋肉マシーンは20kを30回、3回セットで行っています。終了後は、ジムのお風呂に入り壮快な気分で帰宅しています。
以上が私の休日の過ごし方であり、仕事への活力維持のリフレッシュ方法です。


体を動かす楽しさ

門真出張所
H・M

私は体を動かすのが好きで学生の時からスポーツをやり、社会人になってからの休日はジムで体を鍛えたり、色んな人達と一緒にマラソンに出たり、卓球やバスケをしてます。
その中でもバスケが一番好きです。最初は河川敷などでバスケをやっていましたが、それだけじゃ物足りず、社会人バスケットボールチームを探し、色々なチームで練習などに参加させてもらっています。
社会人でバスケを始めてすぐは高校生の時とは違って背の高い人や上手い人が多いと思うことがあり1ON1で体負けしたり抜かれたりして悔しいと思うことが多かったです。その中で5ON5のゲームをするときに、自分の得意なプレーで3ポイントシュートが連続で入ったり、アシストに繋がるパスがきれいに決まったときは気持ちよくなり、楽しくなってきます!
また、会社の寮で多少時間があるときにはベッドで寝そべってボールを持ってシュートフォームの確認をしたり、バスケ関連の動画や試合も見たりします。
これからも、今続けている事・今後やってみたいことに積極的にチャレンジし、心も体もリフレッシュ出来る休日を過ごしていきたいです。  

HOME | 採用情報 | ダイシン物流で”働く”